愛知県知事選挙について


ページ番号1014560  更新日 平成31年1月19日


選挙期日について

選挙期日 平成31年2月3日(日曜日)

投票時間 午前7時から午後8時まで

引き続き愛知県内に住所を有している旨の証明

 今回の選挙においては、愛知県内の他市町村へ転出された人は、投票の際に「引き続き愛知県内に住所を有している旨の証明書」を提示するか、投票所で選挙管理委員会による「引き続き愛知県内に住所を有することの確認」を受ける必要があります。

 「引き続き証明書」は全国どこの市区町村の市民課、住民課等でも取得可能です。

 「投票所での選挙管理委員会による確認」はその場でお調べするため、お時間をいただきます。

投票方法について

 選挙期日に指定された投票所で投票できない人は、次のような制度を利用して投票することができます。

期日前投票

 仕事や旅行など一定の事由により選挙期日に投票所へ行けない人は、期日前投票をすることができます。ただし、期日前投票をする時点で満18歳に達していない人は、不在者投票での投票になります。

場所 期間 時間

春日井市役所(1階市民ホール)

鳥居松町5丁目44番地

1月18日(金曜日)から2月2日(土曜日)まで 午前8時30分から午後8時まで

アピタ高蔵寺店(サンマルシェ北館 2階西エレベーター前)

中央台2丁目5番地

午前9時から午後8時まで
(注) 愛知県知事選挙においては中部大学での期日前投票はできません。

各期日前投票所へのアクセス

宣誓書について

 期日前投票を行うためには、宣誓書の提出が必要です。

 次のいずれかの方法により宣誓書をご用意ください。

 お知らせ券裏面に宣誓書が印刷されていますので、ご記入の上お持ちいただくと、事務処理が早く済みます。

 次の「期日前投票宣誓書」をダウンロードし、ご記入の上、期日前投票所へお持ちください。

 宣誓書は各期日前投票所に備え付けてありますので、期日前投票所でご記入いただいても結構です。

春日井市以外での不在者投票

 仕事などの都合で春日井市を離れ、投票のために帰ってくることができない人は、滞在地の市区町村で不在者投票をすることができます。

病院などでの不在者投票

 不在者投票施設に指定されている病院、老人ホーム等へ入院、入所中の人は、その施設で不在者投票をすることができます。希望される人は、施設に申し出てください。

郵便等による不在者投票

 「身体障がい者手帳(一定の障がい)」、「戦傷病者手帳(一定の障がい)」、「介護保険被保険者証(要介護5)」の交付を受けている人は、郵便等による不在者投票(在宅投票)ができます。この制度を利用するにあたっては、あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けてから投票用紙等の請求をすることになります。ただし、有効期限内の証明書をお持ちの人は、改めて交付を受ける必要ありません。

 (注) 投票用紙等の請求期限は1月30日(水曜日)ですので、早めに手続きをしてください。

候補者情報

候補者の氏名等の一覧

選挙公報

 1月23日(水曜日)から新聞折込(中日・日本経済・毎日(一部)の各朝刊)又は郵便受けに直接配布する方法により各世帯に配布します。1月25日(金曜日)を過ぎても選挙公報が届かない場合は、選挙管理委員会へご連絡ください。

(注) 選挙管理委員会ホームページに掲載された選挙公報の取り扱いについて、次に例示するような行為は、公職選挙法第142条、第142条の4又は第146条に抵触することがありますので、ご注意ください。

  1. 選挙管理委員会ホームページに掲載された選挙公報をプリントアウトして、不特定又は多数の者に頒布する行為。
  2. 候補者及び確認団体以外の者が、選挙管理委員会ホームページに掲載された選挙公報のデータを添付した電子メールを送信する行為。また、特定の候補者等の選挙公報のみを抜粋して添付した電子メールを送信する行為。

関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


選挙管理委員会
0568-85-6071


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.