自治体への寄附金(ふるさと寄附金)のご案内


ページ番号1003375  更新日 平成29年12月7日


ふるさと寄附金とは?

 ふるさとの地方公共団体(都道府県、市区町村)に「寄附」した場合に、その一部が個人住民税と所得税から控除される制度です。「ふるさと」を応援したいという思いを実現するため、地方公共団体に寄附をした場合に、寄附をした金額に応じて個人住民税と所得税が軽減される仕組みです。

 「ふるさと寄附金」とされていますが、どの地方公共団体に対する寄附でも対象となります。出身地でなくても構いません。春日井市民が春日井市に対して行う寄附も対象になります。

制度の概要

 自治体に対してふるさと納税(寄附)をすると、ふるさと納税(寄附)額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されます。

 控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、確定申告を行うことが必要です(原則)。確定申告が不要な給与所得者等について、ふるさと納税先が5団体以下の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる手続きの特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。

(平成27年4月1日以後に行われるふるさと納税について適用)

春日井市への寄附の申込方法

 

ご注意ください

 「ふるさと納税」「ふるさと寄附金」をかたった寄附の強要や詐欺行為には十分にご注意ください。
 春日井市から現金自動預払機(ATM)による振込みをお願いすることは一切ありません。

 寄附金の払い込みに対して、不安に思うことなどがございましたら、市民税課までお気軽にご相談ください。


関連情報


財政部 市民税課
0568-85-6093


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.