国保の給付


ページ番号1003327  更新日 平成29年12月7日


国保の給付について

医療機関に保険証を提示すれば、かかった医療費の3割の自己負担(一部負担金)で、安心して治療が受けられます。

前期高齢者、子ども医療、母子医療、障害者医療等に該当されている場合は自己負担額が異なることもあります。

 災害など特別な理由により、著しく生活が困難となり、収入が一定の基準額以下の方に対して、申請により、病院の窓口で支払う一部負担金が軽減される制度です。ただし、市内に6か月以上住所を有している場合に限ります。また、特別な事情がなく国民健康保険税の滞納がある場合には、該当とならない場合がありますので、納税についての相談をお願いします。

保険証と一部負担金で直接受けられる給付

国保の窓口で申請することにより受けられる給付

国保で給付されないもの

国保で給付が制限されるもの

交通事故にあったら

診療報酬明細書(レセプト)の開示について


関連情報


市民生活部 保険医療年金課
0568-85-6156


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.