水道をご使用になるうえで


ページ番号1003542  更新日 平成30年11月28日


給水設備の維持管理を

 宅地内の給水設備(水道管、メーター等)については、日ごろから十分な維持管理(防寒等)を心がけてくださるようお願いします。特に、空き家については漏水の発見が遅くなってしまうことが多く、水道料金も高額となってしまうため、こまめに様子を見るなどご注意ください。

水道の故障と応急手当についてはこちら

水道メーターとメーターボックスの管理をお願いします

 水道メーターは皆様の使用した水の量を計測(検針)し、水道料金を計算するための大切な機器です。正確な検針や、公正な水道料金を計算するためにも、次のことをお願いします。

・メーターボックスの上に物置や植木鉢など物を置かないでください。
 また、できるかぎり自動車も駐車しないようにしてください。
・メーターボックスの中に水や泥が入らないようにしてください。
・検針員が安全に作業ができるように、犬などペットは出入口やメーターから離れた場所につないでください。
・家の増改築などで水道メーターが屋内や床下になる場合は、水道メーターを屋外の検針しやすい場所へ移してください。なお、工事費用はお客様の負担となります。

〇「メータボックス」、「メーター(共同住宅等は第一止水栓)から敷地側の給水装置」はお客様の所有物です。これらが破損、漏水した場合は、お客様の負担で修理等を行ってください。

ときどき漏水チェックをしましょう!

 蛇口を全部しめてからメーターを見てください。『真ん中が赤色』のパイロットが回っていれば、どこかで漏水していると考えられます。

[画像]パイロット表示(20.4KB)

 漏水は、大切な水が無駄になるばかりでなく、お客様の料金負担も大きくなります。
漏水を発見された場合は、早急に修繕を依頼してください。

修繕の依頼先はこちら

〇漏水した場合の水道料金等の軽減について
 地中に埋没した部分や建物の壁中など(給湯器などの器具は除く)、発見できない場所で漏水していた場合には、漏水したと思われる水量の一部の料金を4か月分を限度に軽減することができます。
詳しくは上下水道業務課お客様窓口(電話0568-85-6411)までお問い合わせください。

こんな時はすぐにご連絡を

 取り壊しなどでメーターを取り外す必要がある時は、必ずお届出ください。お電話でも承ります。その際、お客様番号をお知らせください。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


上下水道部 上下水道業務課
0568-85-6346


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.