ヘルパンギーナにご注意ください


ページ番号1003271  更新日 平成29年12月7日


 ヘルパンギーナの特徴

 乳幼児を中心に主に夏季に流行します。                                                                                                                                            

 2〜4日の潜伏期間の後

 

予防

ヘルパンギーナはエンテロウイルスというウイルスが原因となる感染症です。このウイルスに対するワクチンは開発されておらず、また特別な治療法はありません。

感染経路は、主に咽頭からの飛沫感染です。また感染者の便から出るウイルス(症状が回復しても2〜4週間は排出されます)の経口感染、皮膚に発現した水泡の内容物からの感染の可能性があります。

そのため、感染しないように予防対策を励行することが重要です。

発症した場合は、安静にし、水分補給をまめに行う、また対症療法を受けることになります。

ヘルパンギーナ関連情報のリンク


健康福祉部 健康増進課
0568-85-6168


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.