感染性胃腸炎に注意しましょう


ページ番号1003264  更新日 平成29年12月7日


ノロウイルスについて

 例年秋から冬にかけてノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒が多く発生します。 
 ノロウイルスには効果のある抗ウイルス剤がないため、予防することが大切です。

症状

症状には、下痢(水様便、血便など)、おう吐、悪心、腹痛などがあります。

幼児や高齢者などでは重症化したり、おう吐物を誤って気道に詰まらせて死亡する場合があるため、注意が必要です。

感染経路

ノロウイルスには主に次の感染経路が考えられます。多くの場合は経口感染ですが、空気中に舞い上がったウイルスを鼻や口から吸いこんだことによる感染もありえますので、注意が必要です。

発症してしまったら…

現在、ノロウイルスには効果のある抗ウイルス剤がありません。このため、通常、対症療法が行われます。特に体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗しないように、水分と栄養の補給を十分に行いましょう。脱水症状のひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要となります。なお、病院等へ外出される場合はマスクを着用しましょう。

止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、病気の回復を遅らせることがあるので、医師にご相談ください。

予防

ノロウイルスは治療法が限られるため、予防が大切です

感染予防及び食中毒対策として、次のことが推奨されます。

※家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤でも代用できます。使用する場合は「使用上の注意」を確認しましょう。
 

おう吐物やふん便の処理方法

  1. 処理する人は手袋とマスクを着ける
  2. 次亜塩素酸ナトリウムを含ませた使い捨てタオルや新聞紙等で静かに拭き取る(しばらく覆っておくことも有効)
  3. おう吐物等があった場所を中心として、次亜塩素酸ナトリウムで広い範囲を浸すように消毒し再度拭き取る
  4. 使ったタオル等はビニール袋に入れ、密封して捨てる
  5. 処理後は十分に手洗いを行い、窓を開けて換気をする

手洗い方法、おう吐物やふん便の処理方法及び塩素系消毒液の作り方

感染を防ぐチェック方法

下記チェックリストの各項目をできるだけ実践することで、感染のリスクを減らすことができます。

感染性胃腸炎関連情報のリンク


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


健康福祉部 健康増進課
0568-85-6168


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.