「雑がみ」はこうして見分けよう


ページ番号1010852  更新日 平成29年12月12日


 さまざまなものにリサイクルされる資源。その中で、分別が難しいのが「雑がみ」ではないでしょうか。しかし、燃やせるごみとして出してしまっている「雑がみ」の分別こそ、ダイエット成功の近道なのです。あなたも「雑がみ」の分別に取り組んでみましょう。

「雑がみ」とは?

 不用となったリサイクルできる紙全般のことをいいます。※新聞紙や段ボール、牛乳パック類は別の資源として収集しています。

どうやって出せば良いの?

[画像]雑がみ出し方(36.9KB)

 ひもで縛るか、紙袋に入れて出しましょう。箱などは、かさばらないように畳んでください。小さな紙は紙袋に入れて縛りましょう。

出せるもの

[画像]出せるもの(95.6KB)

出せないもの

どれくらい減量できるの?


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


環境部 ごみ減量推進課
0568-85-6221


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.