継続的に運動するため


ページ番号1010913  更新日 平成29年12月12日


継続的に運動するため+10(プラステン)を

運動が体に良いことは分かっていても、なかなかまとまった時間も取れなくて、諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。改めて運動する時間をつくらなくても、日々の生活に少し工夫することで体を動かす機会はつくれます。厚生労働省は、健康寿命を延ばすため今より10分多く体を動かす、+10(プラステン)を推奨しています。「いつもよりプラス10分」の運動習慣を始めてみませんか。

一つ前の駅、停留所で降りる

 通勤や買い物で使う電車やバス。一つ前で降りて、自転車や徒歩にすると約10分の運動になります。

家から徒歩10分圏内を歩く


[画像]十分圏内(51.2KB)

  近場への用事は車を使わず、気分転換も兼ねて、歩いてみませんか。車では気付かなかった季節の変化を楽しめるかもしれません。

ラジオ体操をする

[画像]ラジオ体操(88.4KB)

  ラジオ体操第一は、誰でもできることにポイントを、第二は体を鍛え、筋力を強化することにポイントを置いた体操になっています。毎朝の運動習慣にしてみませんか。

3つのポイント

  1. 体を動かす時間は少しずつ増やしていく
  2. 体調が悪い時は無理をしない
  3. 病気や痛みのある場合は、医師などの専門家に相談する
     

生活のリズムを整える

 睡眠は、体の疲れを回復するだけでなく、心の健康を保つためにも重要です。不要な夜更かしを控え、規則正しい睡眠で、生活のリズムを整えるようにしましょう。


[画像]チャレンジシート(76.9KB)

 6月から始まった「かすがい健康マイレージ」のチャレンジシートを使って、日々の健康づくりを記録しましょう。

チャレンジシートは市の主な公共施設に設置しているほか、9月6日(日曜日)に総合体育館で行われる健康救急フェスティバルでも配布します。


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


健康福祉部 健康増進課
0568-85-6167


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.