あなたとわたしと認知症


ページ番号1010982  更新日 平成29年12月12日


認知症の人と家族を救えるのはあなたかもしれません

[画像]徘徊のイメージイラスト(68.5KB)

 もしも、あなたの家族や大切な人が認知症になったとしたら…。あなたは周りの人に打ち明けることができるでしょうか?
 「恥ずかしい」「隠したい」「人に話すには勇気がいる」と思うかもしれません。
 しかし、徘徊(はいかい)を経験した認知症の人の家族に話を聞いてみると、「私だけでは支えきれないので、周りの人にも知ってもらいたい。知られることより、大切な人を失うことの方が怖い。」と切実な答えが返ってきました。
 徘徊によりいつ行方不明になったり、事故に巻き込まれたりするか分からない恐怖と戦い続けている家族。特に「老老介護」世帯の身体的・精神的疲労は限界に達しています。
 だからこそ、まちのみんなが当事者意識を持って、認知症の人と家族を支えることが必要なのです。そのために、まずは認知症を正しく理解し、その予防法や地域での見守りについて考えてみましょう。

[画像]愛知県での認知症高齢者推計数グラフ(53.8KB)

このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


健康福祉部 介護・高齢福祉課
0568-85-6182


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.