市制75周年記念事業実行委員会委員が思う、春日井の「これまで」と「これから」


ページ番号1013575  更新日 平成30年5月29日


市制75周年記念事業は、地域産業、文化、スポーツ、地域活動など、さまざまな分野で活躍する団体の皆さんが集まり、企画検討してきました。委員の皆さんに各分野の活動を通じて感じる春日井への思いを聞きました。


( 一社)市観光コンベンション協会副会長  岡部清次郎さん

[画像]岡部さん(26.0KB)

 

 春日井市は、都市基盤が整備されており、バランス良く発展をしてきたと思います。この先も住み続けたい、暮らしたいまちへとさらに加速していくには、春日井のブランド力を高めていくことが大切です。体験型の「コト消費」をつくり出し、「春日井はおもしろい」そんな声が聞こえ、人を引き寄せる力が高まっていくことを期待しています。


市美術協会会長 中村立強さん

[画像]中村さん(7.6KB)

 「書のまち春日井」における書の活動は、長年続く県下児童・生徒席上揮毫(きごう)大会や道風展、小学1年生からの書道科など着実な方向付けがなされています。これらの継承発展とともに、新しい趣向の春日井まつりの書道パフォーマンスにも期待が高まります。小野道風の精神を生かした先人達の努力により、書の継続が図られていることは何よりの喜びです。


市文化協会会長 犬飼眞紀子さん

[画像]犬飼さん(26.5KB)

 

 文化協会は先人達が築いてきた伝統ある文化を今に伝え、継承していくことに取り組んでいます。日本の伝統文化に触れられる「かすがい文化フェスティバル」にも協力しながら、未来を担う子どもたちには日本の素晴らしい文化に気付き、身に付けて世界に羽ばたいてほしいと願っています。


市子ども会育成連絡協議会総務委員長 大脇まゆみさん

[画像]大脇さん(9.9KB)

 春日井市の子ども会は、50年以上の歴史があり、子どもの学年を超えたつながりや、親の地域の中での人とのつながりを築くことができる場です。現在、人々の価値観や生活スタイルが多様化する中で、今後も時代に合った子ども会の運営方法を模索し、子どもたちの生き生きとした成長を地域の皆さんと関わりながらサポートしていきたいと思います。


市体育協会副会長 神戸行弘さん

[画像]神戸さん(9.4KB)

 「文化・スポーツ都市」宣言がされ、市内には、新春春日井マラソン大会、市民体育大会、ラジオ体操会など多岐にわたる大会やイベントがあり、多くの団体や個人が活躍しています。これからも既存の施設や朝宮公園に整備される多目的総合運動広場を利用して、皆さん積極的にスポーツ活動に励んでほしいと思います。


関連情報


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


企画政策部 企画政策課
0568-85-6031


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.