障がいに関係なく輝くということ


ページ番号1010900  更新日 平成29年12月12日


仕事、スポーツ、ボランティア、日々の生活・・・ここでは、さまざまな場面で、自分らしく輝きながら、生き生きと生活している人たちを紹介します。

働いて輝く

少しでもチャンスがあれば、やってみるべきだと思います。

[画像]大村さん正面(68.2KB)

大村実法さん
20歳の時、けがによって両脚に障がいが残った。現在は環境エンジニアリング業の大和エネルフ株式会社に、環境戦略室の営業部部長として勤務。

障がいが残ったとき、どのような思いでしたか?

[画像]車椅子(117.6KB)

悩んでいても状況は変わらないので、前向きになるしかなかったです。職場復帰の際、障がいのために、得意な「現場の仕事」から、不得意で未経験の「事務の仕事」に変わったので大変でしたが、会社の中枢部門ですし、苦手なことだったからこそ、「やるしかない!」という強い気持ちで頑張ってきました。また、積極的にさまざまなことを経験させてもらいました。

障がいをハンディだと感じる場面はありますか?

仕事でも障がいをハンディと感じることはなく、プライベートでも水泳やゴルフなどスポーツもしています。どんなことも、少しでもチャンスがあれば、飛び付いてでもやってみるべきだと思っています。

[画像]スロープ(89.9KB)
[画像]仕事(75.8KB)

[画像]下別府さん(73.7KB)

大村さんはとても情熱があって、みんなからの信頼も厚いです。リーダーシップを発揮して輝いているので、今の仕事は本当に適任だと思います。

障がいのある人が働くチャンスが増えるよう、応援をしています。

[画像]向さん(80.1KB)

9月に開催した「中部大学フェア」において、地元の企業の人に障がい者雇用の現状と就労系事業所(障がいのある人が働くための技術の習得などをサポートする、障がい福祉サービス事業所)を紹介するために、地域の課題を解決する市地域自立支援協議会としてブースを出展しました。これを機に、企業と就労系事業所とのつながりができ、障がいのある人の働く場が広がっていくことを期待しています。

スポーツで輝く

世界陸上を見て“諦めないことの大切さ”が分かりました。

[画像]並木さん正面(79.4KB)

並木辰吉さん
春日井高等特別支援学校の3年生。日本ID陸上競技選手権大会(※)で5位に入賞。
※国際パラリンピック委員会公認の知的障がいがある15歳以上の全国大会

目標としている選手はいますか?

[画像]並木さんスタート(92.2KB)

昔は走るのが遅く、「速い先輩を抜きたい」という思いで、頑張っていました。先輩より速くなったら、もっと速い人がいて、さらに上の人が・・・。ですから、「もっと速く走れるようになりたい!」と、常に上を目指す気持ちを持ち続けています。
今夏の世界陸上でのウサイン・ボルト選手を見て、“諦めないことの大切さ”が分かりました。高校卒業後も、彼を目標にして、頑張って走り続けたいと思います。

走っていて、楽しい面とつらい面を教えてください。

練習はつらいです。でも、汗水を流した分だけ、楽しさがいっぱいあふれます。また、家族が大会に応援に来てくれると、「家族が会場にいてくれる」と思うだけで、気持ちが高ぶって頑張れます。

地域の暮らしの中で輝く

「今を仲良く、今を楽しく、今を真剣に」という言葉を大切にしています。

[画像]梶川さん(94.7KB)

梶川充さん
47歳の時に精神疾患を発症。現在はホームヘルパーをはじめ、各種の障がい福祉サービスを利用しながら、一人で暮らしている。

大学の授業に協力されていると伺いましたが。

3年ほど前から、作業療法士を目指す学生さんのためになればと、大学の実習授業で障がいの当事者として参加協力しています。私にとっても若い世代の人たちとコミュニケーションできる良い機会ですし、いろいろな面でプラスになっていると感じています。

さまざまな分野に興味を持っていらっしゃるそうですが、何かきっかけがあったのですか?

[画像]ヘルパー(140.7KB)

病気のために“物事を判断すること”が難しかったこともあり、昔は家に居てばかりでしたが、地域活動支援センターに行くようになって生活が変わりました。センターで出会った人たちは、友達であり、家族のような存在です。また、尊敬する人の「今を仲良く、今を楽しく、今を真剣に」という言葉を聞いてから、地域での活動を広げるようになりました。


このページには画像や添付ファイルへのリンクがあります。
画像をご覧いただく場合は、[画像]と記載されたリンクテキストをクリックしてください。
添付ファイルは、携帯端末ではご覧いただけません。パソコン版またはスマートフォン版サイトをご覧ください。


健康福祉部 障がい福祉課
0568-85-6186
0568-84-5764


[0] ホーム [1] 戻る

Copyright by Kasugai City All Rights Reserved.